キャンプ

WILD-1 探検(2021/08/08)

  1. HOME >
  2. キャンプ >

WILD-1 探検(2021/08/08)

ソロキャンに行く前に

台風の影響で雨が降る中、天気予報では午後3時ぐらいには雨があがる感じだったので、朝、急遽、有野実苑オートキャンプ場を予約して向かいました。道中にはWild-1 印西ビックホップ店がありますので今月も探検してみました。

今回はファミリーキャンプで使うテーブルをメインに物色しました。

いま使っているのはコールマンのナチュラルウッドロールテーブル/120です。(現在は販売終了のようです)

我が家ではロースタイルでしか使わないのですが、収納するためには必ずハイスタイルになるように脚を取り付けなければいけないため毎回手間に感じていました。また2年ぐらい使っているうちに天板が少し歪んで脚部との接続に苦労するようになったり、ハイスタイルにするための脚が壊れてしまってさらに取り付けが面倒になったりと、ストレスが溜まる状況になってきたので買い替えを検討しました。

テーブル探し

当初は、スノーピークの「ワンアクションローテーブル竹」が本命でした。

その名のとおり広げる/閉じるのワンアクションで設営・片付けが完了するのがすごく魅力的で、しかもローテーブルなので、脚を伸ばすような作業も不要です。竹集成材の天板もきれいなので次のテーブル候補の筆頭だったのですが、ナチュラルウッドロールテーブルがまだまだ現役だったことと値段の高さからしばらく購入は見送っていました。

今回、「いよいよ、出番か?!」と思ったのですが、改めてサイズを見ると テーブルサイズが 846×496mm とナチュラルウッドロールテーブルよりもかなり小さい・・・・というわけで、ワンアクションローテーブル竹を買わない間に発売になった他メーカーのテーブルを物色しました。

本命は OGAWA の 3ハイ&ローテーブル ロング です。

収納時、ワンアクションローテーブル竹ほどスリムにはなりませんが、幅81x奥行100x高さ35.5/50/60cm がとてもいい感じです。高さLow(35.5)cmで使うにはちょっと低く、Middle(50cm)だといままでよりも10cm高くなってしまうのでどうかなと思ったのですが実際に高さをあわせて座ってみるとそれほど気になりませんでした。高さの調整も手間なくできます。

対抗はコールマンのバタフライテーブル120 です。

こちらはテーブルの高さ、サイズはナチュラルウッドロールテーブルとほぼ変わらず、折りたたみ式なので設営/片付けも3ハイ&ローテーブル ロングと同様に簡単です。なんとなく見た目で対抗に・・・・。

あとはWILD-1のプラベートブランドである、クオルツのメッシュトップテーブル12060 です。

サイズ的には文句なく、天板がメッシュで熱いものも置けるようなので使い勝手はよさそう、そしてなんといっても安い!

ですが、ナチュラルウッドロールテーブルの雰囲気は残したいので今回は見送りです。

OGAWAかコールマンのどちらかを購入したいと思います!

 

 

結局・・・・

雨は止むどころか、かなり強く降ってきて風もあり、夜9時くらいまで雨が止む気配はなさそうだったのでキャンプは中止して素直に帰りました。

-キャンプ

© 2023 がんばらないキャンプブログ